三枡建設株式会社

スタッフブログ

Staff Blog

2024年6月19日

三枡建設のZEHへの取り組み

馬淵朋恵

馬淵朋恵

三枡建設のZEHへの取り組み実績を報告いたします。

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。
住まいの断熱性・省エネ性能を上げること。
そして太陽光発電などでエネルギーを創ること。
それにより、生活で消費するエネルギーの量を実質的にゼロ以下にする家ということです。

BELSとは、省エネ性能の高い住宅を一目でわかりやすくするための指標として、
国土交通省が定めた第三者機関承認制度のひとつです。
☆1~☆5までの5段階の評価により、建物の省エネ性能を格付けされたものです。
よって☆5は最高レベルの省エネ住宅だとわかります。

なお、令和5年度の三枡建設の受注した住宅は、全て☆5の評価基準を満たしています。

三枡建設は「家は住みごこち」をコンセプトに、床暖房と給湯システムを組み合わせた、ハイブリッドソーラーハウスをご提案しています。
こちらは、太陽の熱をエネルギーとして利用する仕組みです。
一般家庭において、年間で使用する光熱費のうち、暖房と給湯だけで約56%を占めています。
この大部分を太陽熱でカバーできるので、年間を通して光熱費削減に大きく貢献します。
ハイブリッドソーラーハウスについて詳しくはこちら

健康的で快適な暮らしをしながら、光熱費を抑えることを可能にした家。
「省エネルギー性能の高い家=快適な住まい」それが、住みごこちの良い暮らしにつながります。

ハイブリッドソーラー+太陽光発電でZEH住宅の申請も可能です。